白血球の働き

白血球は血液の中の成分のひとつで、白く見える核を持っています。
からだの外から侵入してきた細菌やウイルスから
身を守る役割を担っています。
また、からだの内部でできたがん細胞や老化細胞などについても
広がりを防ぐことも白血球の役割です。
つまり、私たちが健康に過ごすために必要な
免疫のはたらきをしているのが白血球だといえます。

白血球には、細菌やウイルスを食べてしまう好中球や
細菌やがん細胞を殺す好酸球、
損傷や感染に対してアレルギー反応を起こしてからだを守っています。

また、リンパ球は免疫機能を発揮し、
単球はマクロファージとして老廃物の除去や組織の修復を行っています。

このように、白血球には多くの種類があり、
それぞれに働きが異なることも大きな特徴です。