血漿の働き

血漿というのは血液の中にある液体の成分の一つで血液中の5割ないし6割を占めます。
やや黄色がかかった中性の液体で、水が血漿内の約91%、タンパク質が7%、脂質、糖類、無機塩類で構成されます。
この血漿はどういうものかというと、各細胞に栄養供給し老廃物を回収する働きが主となっています。
また、身体が水分不足などでドロドロした状態になっているときに、各細胞の水分量を調節する働きもして血圧を一定に保つ役割もしています。また、免疫をつける役割もあります。よく病気の抗体と言いますが、これは血漿に含まれていてこの抗体というものが病気に対抗してくれるので一度かかると二度とかからない病気というものが存在するのです。