動脈とは?

血管には動脈と静脈と2種類あります。一緒の血管だと思われがちですが、構造も役割も大きく異なってきます。動脈は心臓から血液を出す血管で、心臓から送り出された酸素や栄養分がたくさん含まれている血液を全身の臓器に運ぶのが目的です。反対に酸素や栄養分を全身に運び終わって役目を終えた血液を心臓に戻す血管のことを静脈といいます。血液は循環させる必要があるため、心臓はそのポンプのような役目を果たしています。心臓から勢いよく出ていく管が動脈です。勢いよく出ていく血流に耐える為に、静脈はとても上部にできています。一番太いところで直径3センチもあると言われています。普段見ている血管からは想像もつきませんね。