高血圧とは?

高血圧は、普段安静にしている時での血圧がいつも正常値よりも高い状態のことを言います。ですので、寒さを感じたり、運動した後に一時的に上昇するのは、高血圧ではありません。高血圧だと、血管の圧がいつも高いため、血管には負担が常にかかっています。そのため、血管の内部が傷つきやすくなったり、硬くなったりするために、動脈硬化が起こりやすくなります。
高血圧をずっと放置していると、動脈硬化がどんどん進み、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中になったり、慢性腎臓病などの重篤な病気になってしまうこともあります。
しかし、高血圧というだけだと、あまり危機感を持ちづらくほおっておく人も少なくないようです。その結果気が付いたらかなり大変な状態になっているということも多いので、高血圧に気づいたら病院へ行きましょう。